忍者ブログ
   
Quod Erat Demonstrandum ―Q.E.D.―

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




今日本屋に行ったら、文芸誌が全部新しい号になっていて驚きました。

しかも、いつもなら平積み状態(=発売直後)で確認するはずの『ダ・ヴィンチ』がすでに棚の中。
そういえば、試験前+試験中は寄らなかったっけ……。
浦島太郎になった気分です。
はやみねさんの新刊(児童書)も出たっぽいし。
なんか世間から取り残されてる気がします。

『オール読物』も3月号出ちゃったしー。
2月号の有栖川さんの新作、もう一回立ち読みたかったのにな。

※以下ネタバレもどきあり。

最近(でもないか)の有栖川さんは色々意欲的だと思う。
本格の枠の中で、本格の限界を打ち破ろうとしてる感じが良い。
今回のトリックも王道から外れてるのに、作品としては本格の王道行ってるし。

『比類』の崩し方も『兎』の崩し方も好きだけど、今回のやり方も結構好きだなー。
まあ、あれがトリックかって言われると答えに窮するけど。
(“アリバイ”が付くと尚更)
でもトリック的には好き。

あと、作家アリスがご都合主義のミステリを否定しておきながら、この作品自体の展開がご都合主義なのがすごいツボ。
絶対狙ってると思う、有栖川さん。
もっと深読みすれば、「事実は小説よりも奇なり」というメッセージも感じられますね。
だからミステリがご都合主義でも構わないじゃないか、という主張にも聞こえる(笑)


※ネタバレ終了

ともかく単行本化を楽しみにすることにしましょう。
PR


コメント

コメントフォーム
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック
トラックバックURL:
Calendar
2017.11.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Blog Pet


Comments
[08/27]
[08/02]
[10/12]
[05/07]
[04/02]
Track Backs
Search











Copyright © 73 All Rights Reserved.
Image&Template by 73.


忍者ブログ [PR]