忍者ブログ
   
Quod Erat Demonstrandum ―Q.E.D.―

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




昔の日本では、恋人が夢に出てくると「相手が自分のことを思っている」ことになったそうです。
思いが募って、相手の夢にまで侵食してくると。
(生霊の感覚なのかな?)
つまり、何とも思ってないのに夢に出てしまったら、ものすごく恋焦がれていることになるのですね。


最近、同じような夢をよく見ます。
古代日本の理論では相手が思ってくれてることになりますが、現代日本人の自分にはそうは思えません。
むしろ自分が意識しまくってる象徴ですね。
授業中のうたた寝でも出てくるあたり、かなりの末期症状。
別の意味で侵食されています。

実験に。

大概の場合、レポートに追われてるか、中々終わらないで必死になってるか。
そして、その両方とも現実そのものであったりするのが悲しい限り。
友人に話したら、「病んでるね」との暖かいコメントをいただきました。
(事実、自分でもそう思う)

早く生活のリズムが摑めると良いんですけどねー。
PR


コメント
無題

あるある。
学校行く前に学校の夢見るとすごく疲れる。もう行ったよ!またかよ!!的な。
2008/05/07 13:47 dd [EDIT]
Re:無題
そうそう。
もうやったんだから今日はもう良いでしょ、って気分になる。
2008/05/09 21:24

コメントフォーム
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック
トラックバックURL:
Calendar
2017.10.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Blog Pet


Comments
[08/27]
[08/02]
[10/12]
[05/07]
[04/02]
Track Backs
Search











Copyright © 73 All Rights Reserved.
Image&Template by 73.


忍者ブログ [PR]